ギックリ・猫背動体療法 伊勢崎店

2013年9月の記事一覧

本日精神的ストレスで悩んでいる患者様(院長日記3を参照)が来店されました。現在リハビリを兼ねて働き出したバイト先に合わない方がいるようで、その方との事が新たなストレスを起こしていました。その事については改善がみられた?と聞いてみますと、平気になったらしく、筋肉反射テストでも力が入りますので大丈夫です。良かった良かった。パチパチ!ところが生理が始まる1週間前辺りから何かに不安を感じ、情緒不安定な状態が生理が始まって3日くらいまで続くとのこと。筋肉反射テストで原因を探してみますと、今度は周りの人達と一緒にいることがストレスとなっているようです。当初は特定の人に対しての精神的ストレスが強く影響していたものが無くなり、デフォルメされていた対人恐怖症が頭をもたげたのでしょう。ならば原因が特定できましたので、いつものごとく、ストレスシャットアウト療法を行いました。あえて自分の周りに100人の知らない人ばかりの中で、全員から自己紹介をしあって情報交換をしあう場面を想定し、頭いっぱいにそのイメージをしてもらいました。するとやはり腕に力が入りません。では患者様の有効なストレス耐性ポイントはどこかを探してみますと、右足の甲にポイントが見つかりました。そこにパワーアップ療法の気を送りますと今度は同じイメージをしてもらっても腕にしっかと力が入りました。もう大丈夫でしょう。念のため、職場で対人恐怖症を感じたら再度行えるよう、左指にポイントを見つけ、そっちでも行ってもらいます。帰りには笑顔が見られましたので、もう少しで当店を卒業でしょう。でも、腰や肩が痛くなったらまた来てね。整体 群馬

<span style="font-size:120%;">先日新規の患者様がインターネットで検索した中から当店を選んでいただき、30代の女性がお越しくださいました。入り口から入ってくるなりお尻辺りが辛そうに入ってこられ、ソファーに腰かけてもらったのですが、問診どころじゃなさそうでしたので、直ぐさま施術を行いました。前屈してもらうと腰からお尻に痛みと痺れがあり、身体を左右にひねってもらっても、同じ場所に痛みと痺れがありました。SLR検査では、片足側だけ30度くらい上げるとやはり痛みがおこります。本人に状況を聞いてみますと、1か月前から痺れが顕著になり、整形外科でCTを撮ったら椎間板ヘルニアがあり、そのために坐骨神経痛になっていると診断されたようです。その間どんな治療を受けられたのかとの問いに、痛み止めと湿布、腰にブロック注射までしてもらったが症状は変わらず、せめて2時間でも痛みがなくなってくれればありがたいと思いながら通院をしてたとのこと。本当に大変な方はたった2時間でも痛みから解放されたいのですね。ぎっくり腰の患者様はそのような方は多いですが、私が坐骨神経痛で施術をした方の中ではは2番目に症状が重い方でした。先ずは動体療法の基本技で股関節を和らげ、その後は指先で緊張してる筋肉や筋を探りながら施術いたしました。1時間くらいかかりましたが、足を90度くらい上げても痛みや痺れがおこらない位になり、ご自身で立ったりひねったりしても痛みや痺れがとれ、大丈夫との返事をいただきました。ソファーに腰かけ麦茶を1杯飲んでもらいながら改めて問診票をご記入頂き、どうしてヘルニアになるのか、猫背などの姿勢がどう影響するかなどアドバイスいたしました。世間話も含め30分くらい話をしてましたが、その間、痺れが無く座っていられたことに笑顔がこぼれ、私も嬉しくなりました。早く出会っていれば1か月も辛い思いしないで済んだかもしれませんね。スポーツジムで好きなヒップホップダンスがまた出来ますね。楽しんでください。</span><span style="color: rgb(255, 255, 255); font-size: 15.555556297302246px;">整体 群馬</span>

このページの上部へ

お知らせ

・のぼせやめまい、不眠、偏頭痛、耳鳴りなど自律神経やストレスが影響しての不定愁訴も始めました。
・股関節が痛い方が多く、それに特化した施術も始めました。

お子さんの塾に迎えに行く前や、会社の終わりが遅いなど、ご都合が合わない方は前もって 19時30分までにご連絡いただければお待ちしております。
21時までにお越しください。割増料金はありませんのでご気軽にどうぞ!

サイト内検索