ギックリ・猫背動体療法 伊勢崎店

2014年1月の記事一覧

忘れている精神的ストレスやトラウマって今の私に関係しているの?
忘れてるのだから問題ないんじゃん。そうですよね。
ところが影響を受けている方が大勢いらっしゃいます。
自分の性格やクセ、行動は誕生した時から既にご両親から刻まれたDNAがベースにあるでしょう。
3歳くらいになると自我がハッキリしてきて、「誰に似たのかねぇ、そりゃあママだよ。」ってな話はよくあります。
5歳くらいになるとしつけしてないのに几帳面だったり我慢強かったりとその子の将来の姿(性格)が見えてきます。
それ以上の歳となるとしつけや教育が厳しくなり、「これはダメ、あれはダメ、あなたって子は。」などと叱っている場面が増えてきます。それが育った環境による後天的性格形成に影響を与えることに。つまり学習ですね。やがて家の狭い範囲のつながりから幼稚園や小学校、中学校と集団生活をするようになると自分を抑え、問題なく過ごすことを学習します。ところが集団生活になじめないいお子さんが必ず何人かいます。その子たちはなぜなじめないのでしょう。おおざっぱな言い方をすれば個性のある子です。個性とはなんでしょう。
個人を特徴づけている性格・性質、パーソナリティー。その人固有の特性。 
かのアインシュタイン、最近ではビルゲイツなど天才と呼ばれ抜きん出だ人たちの共通点は他の人たちと違う考え方、行動、同世代の子と違ったものへの興味、探求心だったということです。
ところが
ほかの人と違ったことをすると時にはイジメられ、自分の味方がいない子は誰にも助けられず孤立し、登校拒否、引きこもりになってしまう子もいます。
こにような出来事が幼少期のトラウマとなり、大人になっても引きずって性格に影響してる人は多いと思います。
そんなお子さんに唯一無条件な見方となるのはやはり母親でしょう。
甘やかすのと見守ってあげる境は難しいところではありますが、「どんなことがあってもママはあなたの味方だからね。」って言ってあげてください。
素直に態度にださないお子さんもいらっしゃるとは思いますが、間違いなく伝わっています。
ここでご両親が間違った態度や接し方をしてしまうとそれもトラウマになってしまうかもしれません。大切なお子さんをいつも笑顔で迎えてください。
なぜこんな話になってしまったのかといいますと、昨日腰痛で来られた女性からの質問で、子供の時のトラウマって今の自分の性格に関係するの?って聞かれました。
それは経験上、とても影響している人は多いと思うと返事をしたらば、「そうですよね。私もなんか引っかかるものがずっとあるけどそれが何だかわからない。」ということで、筋肉反射テストを行うことに。
まず、自分の中で嫌だと思っている性格やクセはありますか?との問いに、知らないうちに気づくとよく爪を噛んでいるとのこと。ネイルしてるから今は減ったけど、爪を噛めないせいなのかイライラする時があるとも。
ではテストを行ってみます。爪を噛むのは中学生の頃に関係しますか?との質問では反応が見られません。小学生の時は関係してますか?の質問には強い反応がみられました。
何か憶えてませんか?と関係しそうな事柄を聞きながら反応を見ました。11個目の質問で母親の冷たい態度だったことが影響し、寂しさを紛らわせるため爪を噛むことになったようです。
以前毛布のへりをしゃぶるクセがなおらない、小学生4年生の男の子がいました。原因は愛情不足でした。お母さんはそれに気づいておらず、十分可愛がっているつもりでした。ほんの10分くらいの間に「ちゃんとしなさい、お菓子をこぼさない、足を揺らさない。」など若いママなのにしっかりと躾けをなさってるのは感心しましたが、顔の表情少々がきつく、そのお子さんは窮屈に感じているのではと感じました。
私はしつけはするべきだと思います。しかしながら怖い顔してしつけるのが1日の中で30分あったなら、やさしい顔で頭をなでる、抱きしめる、笑顔でほめることは1時間以上はあってもいいと思います。
ですがお母さんはパートで遅くまで働き、それから家事、お子さんは塾となればコミュニケーションとる時間はないですよね。
話を戻しますが、爪を噛むクセ以外にまだありますか?と尋ねると、ほかの人に関心がないというか優しくできないとのこと。それについてテストするとは中学生の時のことが関係しているようです。
登校拒否まではならなかったがイジメにあい、辛かったようでそのイジメられていた相手にストレスがあるのかと思ったのですが、また母親が出てきました。
よっぽどお母さんのことが好きなんでしょう。そんなお母さんがあまりかばってくれないというか関心を持ってくれなかったからでした。そのことも本人は気づいていなかった?忘れていた?出来事でした。
自分が友達からやさしくされたことがなく、母親からも少なかった(実際はやさしくされたことはあったでしょうが、冷たくされた感が多かった?)からやさしくしてあげる方法をしらぬまま大人になってしまったということでしょう。本人の希望もあり、ストレスシャットアウト療法をやってみることに。何やら胸につかえてたのが取れた感じがして、スッキリしたかもと言ってくれました。腰痛はやっつけましたので、あとはストレスを退治しましょう。患者様が笑顔になってくれるとこっちもうれしくなります。
整体 群馬


 
昨日40代後半の女性が見えました。とても聡明な感じの方です。症状をお聞きしますと、めまい、立ちくらみ、動悸、片頭痛、耳鳴り、顔のほてり、手足の冷え、肩こり、背中の痛み、うつっぽい、イライラしたと思うとふさぎ込む、疲れやすいなどなど。随分いろんな症状があるなあと思うかもしれませんが、主な原因はホルモンバランスの乱れが関係していることが多いのですよ。まず内臓を筋肉反射テストで見てみます。脳、甲状腺、肝臓、膵臓、腎臓、胃、小腸、子宮に反応がありました。甲状腺はホルモンが少ない、肝臓、腎臓、膵臓、小腸は少し機能低下があるようです。胃は胃酸が少ない、子宮はエストロゲンの不足という結果に。自律神経バランスは交感神経が優位になっているので鎖骨下をさすりながら気を通し調整しました。ストレスはお子さんのことが心配なのと、ご自身がこんな状態でいつまで続くのかという不安の2つが主なもののようです。本日は何から始めようかと思案してましたが、まずは姿勢を整える(胸を開く)こととストレスをなくすことから始めました。猫背矯正、ストレスシャットアウト療法を行い、今後についてご本人の希望とスケジュールについてお話ししました。気持ちが落ち着き、なじんでくださったのか、いろんなお話をすることができました。結局2時間半ほどお時間を取らせてしまいましたが、来た時と違って笑顔で挨拶してくれのをみて、早く改善できるなあと感じました。ちなみにテレビなどでエストロゲンが減少した場合、大豆イソフラボンが代わりになるような情報がありますが、そんなに効果があるような気がしません。実際に多数の方を筋肉反射テストで確かめても反応があまりなく、摂取している人でも効果を感じないとおっしゃっていました。中にはあっている人がいるのでしょうが。整体 群馬
※日記に書かれている内容につきましてはご本人よりご了解をいただいた方のことしか載せていません。

本日ぎっくり腰ではないけれど、ひどい慢性腰痛症で悩んでいる方が何とか自分で運転し来られました。話を聞くともう4年前から腰が痛たいそうです。整形外科では分離症だとかすべり症とか坐骨神経痛だとか行く先々で言われたそうです。何を信じていいのかわからないとのこと。治療も似たり寄ったりで、電気治療とボルタレン。あとは腹筋を鍛えなければと理学療法での運動で、14か月通ったがあまり変化は感じられない。それは大変だったことでしょう。早速脊椎を首の方からなぞってみると、頸椎2番、3番が左回線。胸椎7番、8番、9番も左回線。腰椎の4番が少し前に出ています。4番5番のこの辺りは痛くないですかと聞くと、「いつもそこです。」との返事。ならばすべり症だと思いましたので、動体療法の手技で行いました。すると後ろに反らすのができなかったのが、だいぶ可動域が広がり、痛みが明らかに減ったとのこと。恐るべし動体療法!患者様共々苦労せずすみそうだ。ところが片頭痛もひどいらしく、「治せますか?」との問いに先ずはどこに原因があるかみてみますよと、手のひらでなぞりながら関係個所を探しました。左側がいつも痛いそうですが、反対の側頭骨辺りの皮膚が引っ張られてのことのようです。あごと頭蓋骨を矯正したあと、筋肉反射テストを行ったらば腕に力が入りました。しかしまだ力の入り具合が弱い。まだ他に原因がありそう。あっ、頸椎2番、3番が左回旋だった。そこに触れてみると嫌な感じがします。間違いなさそう。では頸椎だけではなく胸椎の7番、8番、9番も矯正しました。今度は腕にしっかりと力が入りましたので、これでいけると確信しました。5日後お越しいただくときに片頭痛の頻度や痛みの度合いを教えてくださいとお伝えし、お帰りいただきました。結果をお知らせします。整体 群馬
昨日ペルーの女性が来てくれました。国際的になったなあ。といっても私はスペイン語はもちろんのこと英語すらろくに話せないのでどうしようかと思ったら、娘さんが通訳代わりに一緒に来られました。助かったあ。 早速娘さんを介して問診です。なにやら19年前に車に轢かれたそうです。7年前にはヘルニアの手術して、確かに腰部にあとが。3年前には整体でひねられて肋骨がいまだに痛いとのこと。その整体院は国際司法に発展しなくてよかったですね。 現在は首、背中、腰がずっと痛く、整体やマッサージでごまかしごまかしやってきたそうです。 では検査です。立位で腰をひねると右は180度で痛みなし。、左140度度で背中に痛みあり。前屈は堅いかれど問題なし。後屈は背中に痛みあり。首は後屈すると痛みがあり。 それでは施術を行います。立位のまま頸椎1、2、3、4番のズレを矯正。首を後ろに反らしてもらい、痛みの確認をしてもらいました。 するとやっぱりガイジンですね。ビックリした顔でGood!と大きな声で答えてくれました。 次は椅子に座ってもらい、動体の仙骨リリースをしたところ、以前整体で痛めた肋骨が痛くて出来そうにありません。 よっぽど変なひねり方をされたんだなあ。かわいそうに。筋肉反射テストで問題の起こしている場所を探し施術したところ、ビンゴ! 痛みが和らいで再びGood!10のうち3くらいまでおさまったようです。 背中の痛み、腰の痛みはやはり動体の手技で0になったので3度目のGood!とマジック!をいただきました。 背中の痛みは椎間が狭くなったことによるものでした。もちろん胸椎のズレもですが。 何年もずっと痛かったのでうれしかったようで、かたことの日本語であ・り・が・と・う!とハグされ照れくさかったです。 今度通訳してくれた娘さんが産後の骨盤矯正に来てくれるとのこと。ありがたいですね。 まだ1ヶ月の赤ちゃんはカゴの中でスヤスヤ眠っています。お母さん、娘さん共々きれいな顔立ちなので赤ちゃんもとてもかわいい寝顔でした。 帰り際、つい癖で赤ちゃんの健康状態を見てしまいました。ちょっと胃と腸が弱いかなあ。気といってもピンとこないと思いましたので、説明はせず2分ほどお腹に気を送りました。 どうぞもっと元気になりますように。ではお母さん、娘さん、赤ちゃん、お待ちしております。ありがとうございました。お大事にどうぞ。整体 群馬
院長日記13のその後です。片頭痛の結果をお知らせしてませんでした。ごめんなさい。で、どうなったのか?頻度、痛みが10段階で5以下に軽減したとのこと。ホッ!でもまだ半分他に原因があるってこと。不思議なことに、一つ解決したり、一つ前進するとまた違う原因が見つかることが結構あります。今回筋肉反射テストの反応見てみると、首の反りが関係しているようです。ストレートネックというほどではないですが、反りが少ないので首周りの調整をしたところ筋肉反射テストで良い反応が出ました。次回お知らせします。それと耳鳴りがするとおっしゃっていたのですが、なんとしなくなったそうです。耳鳴りは大変難しいものの一つです。原因を筋肉反射テストで見ますと多くの人は脳、側頭筋や首周りの緊張、頸椎のズレ、内耳炎、中耳炎、耳管が開いたまま、血流などこれらの原因が重なってのことです。また、改善ポイントを探すと10個以上見つかります。そんな中、今回は早く結果が出て良かった、良かった。整体 群馬
先週片頭痛に悩まされている男性の方がお見えになりました。3年以上前からだそうです。何が原因かを筋肉反射テストで検査しました。
先ずは内臓が関係しているか見ていきましたが、関係していないようです。では頸椎など骨格の歪みはどうか?それによってせき髄液、リンパ液、血液の流れ、神経の圧迫などはどうか?
少し関連がありそうです。問題を起こしている場所は左側の後頭部と眉毛辺りに反応がでました。目じりに向かって皮膚を引っ張ってみると腕に力が入ります。ということは、顔の皮膚や筋肉が引っ張られての緊張型頭痛ということがわかりました。立位である方向へ体を倒すと引っ張られ感が減り、また、頭蓋骨を2か所から押圧してみるとやはり腕に力が入ります。
改めて原因を整理してみますと、中心軸がずれ、バランスをとるために頭が少し傾いたため頭蓋骨が歪み、頭や顔の左側を引っ張った結果のようです。
ならば足を調整し、その後頭蓋骨の矯正を行いました。もちろん全身のバランスも整えておかないとまた左右差で再発してしまいますので次回行います。
とりあえず中心軸修正も行っておきました。「この次に来られるときは改善もしくは半減していると思いますよ。」とお伝えすると眉間のしわが伸びました。1週間後お知らせいたします。

  • 口を指3本分以上開けられない
  • 口を開けるとカクカク音がする
  • 顔の左右どちらかに口が寄っている
  • 綿棒を奥歯で噛み締めてみると力が入らないほうがある
  • 前歯2本の中心の隙間と下の歯の隙間が合っていない

この様なあごの状態は顎関節症かもしれません。
また、下記の症状はありますか?

  • 頭痛・偏頭痛20141028143858.jpg
  • めまい・立ちくらみ
  • 耳鳴り
  • 疲れ目
  • 肩こり
  • 首こり

これらの症状は顎関節のズレによる場合があります。
それは中心軸のズレからきている場合が多く結果、足やひざ、骨盤を歪ませ、背骨から首の骨まで影響を与え、当然その歪んだ骨格の上に載っている頭蓋骨(顎関節も含め)も歪みます。
顎がズレ
たり歪んだりはわかる気がするけど・・・・。
頭蓋骨も歪むのですよ。
頭蓋骨は23個の骨から形成されており、呼吸とともにわずかながら膨らんだり縮んだりしています。それは骨髄液が頭蓋骨から仙骨にわたり行き来しています。
その流れが背骨や首の骨がずれることによって上下しにくくなるといろんな問題を引き起こします。
顎関節の話に戻りますが、一般に不定愁訴と呼ばれているものは顎関節との関係が深いのです。
まずは中心軸のズレチェックを行い、それらの症状が軽減するのかテストしてはいかがでしょうか?
テストは無料です。
姿勢のあり方で顎が前に出たり引っ込んだり奥歯の噛み締める力が変わるのがわかります。
施術は
頭痛・不眠・自律神経・その他 整体改善コースで中心軸修正も含め行います。

※カクカク音がするのは軟骨が減ってしまっている場合が多く、その場合はカクカク音は軽減しません。
 また、指2本以下しか開かない、痛いなど、日常生活に支障をきたす状態を緩和することを目的とし、必ずしも左右差を無くすなど見た目を優先するものではありません。

このページの上部へ

お知らせ

・のぼせやめまい、不眠、偏頭痛、耳鳴りなど自律神経やストレスが影響しての不定愁訴も始めました。
・股関節が痛い方が多く、それに特化した施術も始めました。

お子さんの塾に迎えに行く前や、会社の終わりが遅いなど、ご都合が合わない方は前もって 19時30分までにご連絡いただければお待ちしております。
21時までにお越しください。割増料金はありませんのでご気軽にどうぞ!

サイト内検索