8日の雪、すごかったですねぇ。昨日家から車が出せないので、40分ほど雪かきをしたらば腰にきました。自分で治せたのでよかったあ。
その雪関連の方が午前中、転んで足をひねってしまい、他の患者様からのご紹介で40代の男性がお見えになりました。夜勤だが会社行く前に何とかしたいとのこと。
足首を見ると腫れています。シップを剥がしてもらい、動体療法の基本技を行いました。
再確認したところ0段階で1か2くらいまで減り、普通に歩けるとのこと。
腫れは炎症起こしているので直ぐに引きませんが、回復が早まるよう患部に気を送っておきます。
さらに中心軸修正も行っておけばひねった足に負担がかかりませんのでこちらも行っておきました。
ちなみにサッカー日本代表やドイツのチームにも所属したある選手が捻挫で負傷し、休場を余儀なくなれ、日本に帰ってきて治療を行っても早期の回復が見込めなかったのが、
動体療法2回の施術で直ぐに試合に出られ、周りの医療チームがビックリしてたそうです。今でもたまにンテナンスのため通ってくれているそうで、うらやましい。サインほしい。
患者様に「安静がいいわけではありませんが無理をなさならいでください。お仕事にもよりますが、2日後もう一度行っていただければ大丈夫ですよ。」とお伝えしました。
決して引っ張りたいからではないですよ。本当なら違和感がなくなるまで10日以上かかるわけですからね。