※お子様や女性には知っておいたほうが良いことを記載しております。最後まで御覧ください。
皆さん、猫背やストレートネックってどんなイメージを持たれてますか?

  • 姿勢が悪い
    20130307132435-thumb-320x380-2562.png
  • ネクラそう
  • 老けて見える
  • 猫背矯正バンド(通販)
  • 肩がこる
  • 胃がいつも押されてる感じがする
  • 背中が痛い
  • 顔が前に出てて亀みたい
  • 首がこりやすい

どれもあまりイメージが良いものではないですね。

猫背の健康面の弊害

胸が締め付けられるため肺活量が減る
   ↓
1呼吸あたりの酸素量が減る
   ↓
血液に溶け込む酸素が少ないがため、脳が常に酸欠状態
   ↓
猫背になるとろっ骨を押し下げますので、横隔膜も下がる
   ↓ 
胃・腸・子宮・膀胱などの内臓が下垂
   ↓
内臓の機能低下
   ↓
自律神経が乱れる


よくある弊害
・1日中眠い
・ぼーっする時間が多い

・集中力が続かない
あくびが多い

・顔の表情に覇気がない
・仕事のミスが多い
・忘れ物が多い
頭痛・偏頭痛がする
・冷え性である
胃がすっきりしない
・便秘がちである
・下痢気味である
・胸がつかえる
5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s.jpg?
肩がこる

首がこる
疲れやすい

・お腹が冷たい
皮下脂肪が多い

・内臓脂肪が多い
・痩せにくい
胃下垂である
うつっぽい

猫背の人はこのような症状を訴える方が多いのはなぜでしょう?

皆さん、1日あたりの呼吸量って考えたことありますか?
体重50kgの人間
1回あたりの呼吸量はおよそ500ccです。
1分間当たり20回呼吸します。
1日にしますと28,800回にもなります。500ccペットボトルで28,800本
0.5×28,800回=14,400リットルが1日の呼吸量(必要量)となります。
運動などせず静かな状態でもこれだけの量の空気を吸っているのです。
無意識に吸ったり吐いたりしてますが、こんなに呼吸(酸素)が必要だなんて。
それなのに猫背や姿勢が悪いために1呼吸あたり100cc(20%)少なければ
1日でいうと11,520(ペットボトル5,760本分)減ってしまい、慢性酸欠状態になるのは当たり前ですよね。


また自律神経バランスも崩れますので、それが影響し
頭痛・偏頭痛(交感神経が優位の状態が多いと緊張している時間も増え、血管も収縮)
不眠(交感神経が優位の状態から副交感神経へのスイッチがうまくいかず、リラックスできない)
胃や腸の調子が悪い(蠕動運動しなくなり、胃酸も多くなったり少なくなったりでスッキリしない)
疲れが取れない(血液やリンパの流れも悪くなりますから疲労物質が流されない)
など猫背により自律神経バランスが崩れることでこのような状態になる方が多い。


ストレートネックも頸椎が正しいカーブを保持しないため、脳髄液やせき髄液、酸素を運ぶための血流まで妨げてしまいますから、当然不定愁訴のオンパレードってことも。
それから痩せない原因の一つに猫背(姿勢)とも言われています。深い呼吸するって結構カロリーを消費するんです。いま流行りの○○○ブレスなどドローイングって呼吸を使ったダイエットがあるくらい。そもそも姿勢を正そうとすると今までと違った筋肉を使い、カロリーを消費しやすくなります。

酸欠人間について面白い記事がありました。下記のサイトです。参考になりますよ。
http://www.karadakara.com/sindan/step/012.html

大切なお子さん大丈夫ですか?

  1. waruishisei-22-web-c-thumb-280x462-2559.png酸欠状態で徹夜勉強しても集中力低下で寝不足になるだけではないのでしょうか?30分に1回、肩を持ち上げ、後ろへ反らし、胸を広げ、深呼吸5回してみてください。
  2. 寝不足は精神的ストレスを助長し、キレやすい落ち着きがない引きこもりなど情緒面にも影響を与えるといわれています。浅い眠りから深い眠りになるよう見てあげてください。
  3. 内臓下垂になると機能低下しやすく、栄養が行き届きにくくなります。偏食でカロリー過多の割には部分的な栄養不足になり、精神面、情緒面に影響もします。食事はお子さんが喜ぶものだけではなく、嫌いなものも食べる工夫をしてみてください。


waruishisei-07-web-c.png塾やお稽古ばかりがお子さんのためではありません。

体も心も健康でなければ勉強やスポーツははかどりません。
いい会社に就職しても優れたスポーツ選手になっても、心身ともに健康であればこそです。
「勉強しろ!」と頭ごなしに叱る前に姿勢の健康も見てあげてください。


猫背は女性にとって大敵です!

  1. 胃などの内臓が下垂することで内臓の機能低下免疫力の低下
  2. 当然新陳代謝の低下でカロリー消費も悪くなりますから、皮下脂肪内臓脂肪痩せにくい
  3. 内臓が下垂することで、下っ腹がポッコリ
  4. バストが下がってしまいます。
  5. ヒップもたれてしまいます。
  6. 見た目も5歳は老けて見えてしまいます。

猫背から解放されると

  • バストアップするので良い93be24f03b664d5ec4d69382c281cdd3_s.jpg
  • ヒップアップするので良い
  • 身長が伸びて良い
  • 肌にも良い
  • 集中力アップにも良い
  • 内臓にも良い
  • conv0079.jpg精神的にも良い
  • 若く見られて良い
  • 自律神経バランスにも良い
  • 肩こり・首こりにも良い

いいことずくめ!
何はともあれ、猫背(姿勢)を直し胸を張って、大きく深呼吸してみませんか?とても気持ちの良いものです。
さあ、明日からではなく、今できることから始めましょう。

姿勢とうつに関係があることを知ってますか?
私どもは経験上、気づいています。わかりやすく言いますと、

  • うつっぽい人
  • 病気がちな人
  • 元気がない人
  • 引きこもりの人
  • 悩んでいる人
  • 悲しみに明け暮れている人
  • 寝不足な人

上記の状態にある方で、胸を張り、背筋を伸ばし、堂々と歩いている方はあまり見かけたことがありません。
ならば姿勢(猫背)が変わるとどうなるか?
顔の表情が変わってきます。人によっては性格が前向きになった、清々しい気持ちになったなど。
何故なんだろう?
考えてみると、これも当たり前なのかなあと思います。

深い呼吸になり、
酸素が脳や全身にいきわたり
内臓が元気になり(酸素が供給されようになる。内臓が正しい位置に収まる)
眠気が減り
集中力もアップし、
正しい判断や正しい思考をするようになり、
ストレスが減ることで
結果、うつも改善されるのではないでしょうか。
お子様の将来
学業面、健康面、精神面を考えますと、小さいころからのクセにしてしまうことが大事なのではないでしょうか?

ご安心ください。矯正といってもバキッ、ボキッ!はいたしません。
3回コース 18,000円+消費税(3回分です。)

今まで猫背かストレートネックをかをお選びいただきましたが、両方行います。

パソコンによる姿勢測定2,100円も含みます。

東京では50,000円コース相応の内容となっております。

その後のメンテナンスも1回あたり5,000円 

※メンテナンスに関してはご自身で簡単にできることをお伝えしてますので基本いりませんが、もい少しやりたい、続けていきたい、たまにはまたしてほしいなどの場合。

・お子様のために
・ご自身のために

これでも迷いますか?
パソコンによる姿勢測定&お身体を使った歪み検査で気づいていなかったお身体の状態がわかって良かったとの声が多いです。


4-itami-1s-web-thumb-400x1234-2555.jpg

ここからはストレートネックについてお話しします。
猫背となり、顔とあごが前へ突き出すような格好 で、首が適度に後方に湾曲するべきところ、首の骨が真っ直ぐな配列になって斜め前に伸びた状態をいいます。
主な原因は?
猫背や前傾姿勢が首に負担をかけてしまう。
女性は首が細く筋力が弱いため、頭の重さを支えられない
女性にストレートネックが多い理由はこのためです
パソコンやスマホを長時間操作しているとどうしても猫背になりがち。普段から猫背にならないように意識することが肝心。
conv0006-thumb-600x849-2546-thumb-1050x1485-2547-thumb-1200x1697-2549-thumb-850x1202-2550-thumb-700x989-2551.jpg
ここの解説であるように、頭の重さは5、6kgはあります。
その頭が前に45度傾くとおよそ10、13kgの重さが首にかかります。
10kgってどのくらいかなあ?


conv0002-thumb-320x282-2449.jpg重そうな辞典や雑誌を積んでみました。これで10Kgです。

うわぁ?!結構重い。
これだけのものを後頭下筋や僧帽筋など首や肩、背中の筋肉がさらに前に行かないよう引っ張っているんですね。
そりゃあ首や肩がこるのは当然だわ?!
ですから首を揉んでもきりがありません。
ならば姿勢(猫背)を変えれば首や肩のこりは間違いなく減ります。

ストレートネックの弊害
首は狭い中に生命に重要な神経、動脈、静脈、リンパ管せき髄液、脳髄液の通り道である脊柱管などが走っています。
首の骨がズレますと、それらに当然支障が出てきます。
自律神経バランスの乱れより、内臓機能の低下、酸素を含んだ血流が悪くなれば脳が酸欠で、思考回路の低下、脳髄液が脊髄に流れにくくなり、脳を圧迫し、頭痛、めまいなどやはり不定愁訴を発症さらに肩こり・首のこり、背中の痛みなどの原因のにも
改めて首って大事なんですね。